写メール検針!障がい者雇用システム

エネルギー供給会社の検針に代わって住人が写メール検針をすることで取りまとめを障がい者が行う新しいビジネスモデルが生まれます。更に省エネ診断士の資格を取ってもらうことで省エネの検証やCO2認証の仕事が待っています!(メガソーラ対応可能)

写メール検針とは?

  1. 省エネ依頼者はケータイ電話のカメラ機能を使い電気・ガス・水道等のメーター数値を写真に撮って管理者(障がい者)に転送する。
  2. 管理者は送られた写真をデータ化して、表を作成する。
  3. 依頼者は一ヶ月後に①と同様の手順で写メールを行う。
  4. 管理者は送られた写真をデータ化して表を作成し、一ヶ月前の数値を差し引いて電気・ガス・水道等の使用量を確定する。
  5. 管理者は省エネアドバイスを依頼者にメールすると共に削減量に応じたポイント(地域通貨等)を付与する。
  6. 毎月の使用量を依頼者ごとにまとめてデータ化し、年間の報告書を作成する。

※自治体は1~6の手数料として管理者(障がい者)に支払いをする。
この原資は公共施設の維持管理費の見直しにより捻出する為に、街ごと省エネを通じて障がい者の雇用をする事が可能となる。(社)日本排出量取引支援機構は障がい者の家庭に省エネナビの設置をしながら、省エネ診断士資格取得の指導を行います。

写メール検針!障害者雇用システム

data20141124a
お問い合わせ
一般社団法人 日本排出量取引支援機構
営業時間:月~金曜日 9:00~17:00

Mail:info@mieruka-co2.jp

メールは24時間受付中です。