ニュース


無電極ランプについて

2016年10月20日

無電極ランプ
  • 水銀水俣条約の批准について
  • ISO014001の環境マネジメントシステム
  • 光の質⇒ 施設照明は、LEDではなく、無電極照明
  • 費用対効果と定格寿命⇒ 同じ価格ならLEDの倍の超寿命・コスト1/2
  • LEDより、色がきれいに見える
  • ブルーライトの問題(例:VDT[ブイ・ディー・ティー]症候群)⇒ ブルーライトCUTメガネ等対策品が人気

2020年までに「水銀生産」「輸出・輸入」「水銀ガス使用」を規制

―2013年秋日本で開催された国際会議にて採択―

蛍光灯などの照明(水銀灯)、電池、計測器、スイッチの規制対象の主要製品の製造、販売、流通、輸出を原則禁止。

img-lamp02
国連の水銀レス会議水銀条約制定へ
国連会議にて日本がサインした時から公共事業は水銀禁止。
EUではRoHs指令のもと2012年7月以降、水銀完全撤廃
RoHsは、電子、電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令。
国内照明のそのほとんどで水銀を使用
  • 水銀ガスを封入した水銀ランプ
  • 蛍光灯60W以下で、水銀封入量:5mg以上
  • コンパクト蛍光ランプ300W以下で、封入量:5mg以上のもの
まずは以上の製品で規制の対象となっています。
国内法(環境省)が制定されると?
今後、水銀を使用の製品は廃棄コストの高騰が懸念されます。

【工場導入事例 A社 北九州新工場:塗装室】

無電極ランプ 無電極ランプ
― 無電極照明Eco Loop 導入プロジェクト概要―
Eco Loopのご提案に際し、お客様より主要作業場所の設計照度は平均500ルクス程度をご要望されておりました。
照度設計には当社推奨の瞳孔ルーメンについて説明を行い、まずは試験導入で先行6灯を設置され、Eco Loopの高い演色性と広配光で質の高い明かりを体感され、新工場の中でLEDでは賄えない最も品質チェックの厳しい作業エリア(塗装室・組立工場一部)に合計48灯ご導入頂くこととなりました。
― お客様の声―
  • 水銀灯やLED点灯の場所に比べ、グレアなくモノの見え方がより鮮明に見える。
  • ルクス値以上にビックリするくらい明るく感じられる。
  • Eco Loop の『瞳孔ルーメン』の考え方により、光の質の高さが理解できた。
お問い合わせ
一般社団法人 日本排出量取引支援機構
営業時間:月~金曜日 9:00~17:00

Mail:info@mieruka-co2.jp

メールは24時間受付中です。